【体験談】セブでマンツーマン英語レッスンを受けました

こんにちは、びび(@vivilog_)です!

また10月からセブ島に戻ってきました!前回はWORKROOMという独学ベースでITの勉強を進めていくシェアハウスに滞在していましたが、今回からはまた別のシェアハウスにお世話になることになりました。

その体験談もゆくゆくはシェアしていこうと思うので、お楽しみに!

WORKROOM体験談はこちら

私がセブ島に来た理由

私がセブ島に来た理由は大きく分けて2つあります。1つ目はIT学習です。2ヶ月前から未経験でプログラミングの世界に飛び込みました。セブ島はIT系の仕事に従事している方や学びに来ている留学生が多いので、学習するにはとても良い環境だと思います。

初心者がプログラミング学習を始めました【勉強法など】

今回の滞在は4ヶ月弱と長めに滞在するので、ITの学習はもちろん、プラスでせっかく海外に来ているのだから英語の勉強もしたいなと思いました。

ですが、あくまでメインはIT学習なので語学学校に通うことはできず・・・どうにかならないかなと思い、見つけたのがUniversity Tutorというサイトです。

先生を探すことができるUniversity tutorの使い方

University Tutor(ユニバーシティーチューター)は英語のサイトですが、要は個人と先生(チューター)を繋ぐ仲介サイトになっています。

使い方としては、学びたい分野(Englishなど)、場所、オンラインか対面かを選んで検索するだけです。

するとその検索内容でチューターとして登録している方が一覧として出てきます。あとはPR文などを参照して自分が学びたいチューターの方にメールを送るだけ!

オンラインでも対応してくれるので、気になる先生にすぐコンタクトをとれるのがいいですよね。ただ一つ、料金は個人で設定しているみたいなので、コンタクトを取ってからじゃないと料金体系がわからないのがデメリットです。

あらかじめ自ら設定しているチューターもいれば、相談して決めるチューターもいるので、メールで確認しましょう。

私は対面式を希望しているので、セブ島在住のチューターの方を探しました。自己紹介文などを見て、良さそうな方がいたのでざっと3人にメールを送ってみました。

結局3人の内1人しかメールが帰ってこなかったので、その方にお願いすることに。

ざっくりと会う前に料金やレッスンの内容、どのように進めていくか相談しました。

そして話し合った内容はこちらです。

・1時間250ペソ
・料金にはレッスンに使う資料なども含まれている
・レッスンの最後に全てのフィードバックをしてくれる
・単語や行ってる意味がわからなければその都度止めても大丈夫

このような内容になりました。

1時間250ペソは安いのか?と言われると、相場よりも高いです。

なぜならフィリピンの平均月収は日本円で約3万円と言われており、日給で約1000円の計算です。そうなると1時間で約500円というのはかなり高めの設定であるといえます。

ですが日本でマンツーマンで英会話のレッスンを受けようと思うと、1時間3000円以上は当たり前です。そう考えるとコスパはいいのかなと思い、承諾しました。

私の英語レベル

私の英語レベルとしては、会話はなんとなく理解できる(6〜7割)が、話すのは全く言葉が出てこなくて、はい/いいえやThank youしか言えないというレベルです。

高校の時に英検2級を取得しましたが、当時受けたTOEICは500点しかなく、それ以降全く英語に触れる生活をしていません。

具体的なエピソードを話すと、香港に旅行に行った際、旅行中にパスポートのあるページが少し破けてしまったことがありました。そして帰る時、出国審査の人に『どうして破けたの?』と聞かれた時、『I…made a mistake….during ….the trip….』のような、訳のわからない返事しかできず、係員に呆れられながら『Can you speak English?』(英語話せるの?)と言われたほどです。

その時はさすがに悔しさで泣きそうになり、帰りの飛行機の中でも悔しさでなかなか寝付けず、ずっと悶々としていました。

そしてセブ島で暮らしていると、周りの人たちは当たり前のように英語が話せる人ばかりなんですよね。海外で住むからには英語ができないとさすがに恥ずかしい!プログラミングだけじゃなく、私もみんなに追いつきたい!という一心でちゃんと英語を勉強しようと決意しました。

実際のレッスンの内容

そしていざレッスン初日、待ち合わせてからカフェに入りました。先生はとってもかわいらしい女性で、仕事のために数年前からセブに住んでいるフィリピン人のキャサリン先生です。

会話はもちろん全て英語で、私は何話していいのかわからずアワアワしてしまいましたが、お互いに共通の知り合いがいることがわかり意気投合して、少し緊張もほぐれました。

『今日はどのくらいレッスンする?』という問いに、初回だけどやる気に満ち溢れていた私は2時間でお願いしました。

そしてレッスン開始。まずはお互いの自己紹介ということでキャサリン先生がすらすらと自己紹介をしていく。この時点で言ってることが早すぎてついていけない・・・

自己紹介の内容理解率7割程度のまま、次は私の番!

この自己紹介を基に、どのくらいのレベルか判断してレッスン内容を決めてくれるみたいです。

結果はもうぼろぼろ。特に動詞にsをつける/つけないや、話している内容の複数形/単数系の使い分け、単語単語で話しすぎだなあと反省しました。

先生も同じように思ったのか、初回は『会話は8つのパーツでできている』という、いわゆる『名詞とか主語とか』をまとめたものを基にレッスンしてくれました。

もちろんそんなことは日本の国語の授業や英語の基礎でやったんですけど、画像の通り全て英語!!多分形容詞とか動詞とか書いているんだろうけど、まずそもそも単語の意味がわからない。

これも勉強だろうと思い、そのまま続行してもらうことに。この時に全ての単語の意味をただすぐにスマホで調べるのではなく、1つ1つ英語でしっかりと説明してもらいました。

いわゆる英語で国語の授業を受けているような感じです。こういうのもリスニングの勉強になりますよね。

そんなこんなで雑談も挟みながらがっつりやること・・・・・なんと4時間

気づいたら時間が経っていたという感じです。おかげで頭はふらふら、もう集中しすぎて後半何言ってるかほぼ理解できない。笑

そして不思議だったのが4時間やったのに料金は2時間分でした。とってもゆるい。

英語で日記を書くのを宿題に出され、次はセブ島のおすすめスポット連れて行ってあげるね!と言われたのでそれを楽しみに解散しました。

満足度は高い

終わってみるとあっという間でしたが、なかなかに満足度は高かったです。理由として、少しでもん?と思うような内容があれば、その時にすぐ聞くと、丁寧にわかるまで教えてくれるからです。

単語ももちろん、似たような言葉や例を出して説明してくれ、テキストもしっかりした作りで(以前どっかの講師をしてたみたいなので、おそらくそのテキストをコピーしたものだと思われる)進めることができたので、マンツーマンでこれだけやってくれて1時間500円は正直破格だなと思いました

これから滞在中に週2〜3回ずつお願いしていこうと思うので、またその後の経過を報告できればと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!