キャバクラ・クラブ・・・女子大生にお勧めしたいバイトは水商売!

f:id:yurinaaru:20161010225626j:plain
こんばんは!びび(@vivilog_)です。

女子大生の方、今アルバイトは何をしていますか?
たくさんあるアルバイトの中で私が個人的におすすめしたいのが水商売、その中でもクラブやラウンジと呼ばれるところで働くことです。

正直水商売はマイナスなイメージがあったり、親や友達にばれてしまう危険など様々なリスクがあります。

ですが、決して悪いことばかりではありません。

これは私個人が実際に経験して思ったことを書いています。

学業もがんばりたい、けど生活もしていかなくちゃいけない。

そういった方のために、こういう選択もあるんだよ、と伝えたいから記事にしているので、あくまで参考程度にお読みください

個人的に詳しく話が聞きたい!と言う方はツイッター(@vivilog_)まで問い合わせお願いします!

私は学生時代、塾講師・家庭教師・居酒屋スタッフ・コンサートスタッフ・街コンスタッフ・ホステス・・・といったように様々なアルバイトを経験しています。

参考記事:実は超稼げる?!塾講師アルバイトのホント!

その色々経験した中で、水商売のアルバイトが総合的に見て一番将来に活かすことができるのではないかと思ったのです。

一口に水商売といえども、実はかなり細かくお店の種類が分かれています。

水商売の職種は、ざっくり分けて

•ガールズバー
•スナック
•ラウンジ
•キャバクラ・ニューキャバクラ
•クラブ

などに分けられます。

今回は、この中でもクラブやラウンジで働くことをおすすめします。

こんなにお店があって違いがわからない😭という方の為に、まずは店舗数が多いキャバクラとクラブを例にどんな違いがあるか比較してみましょう。

キャバクラとは

キャバクラは、一人のお客さんに対して基本的に女の子は一人、つまりマンツーマンで接客します。
そしてセット料金(お客さんが支払う料金)等もクラブに比べると安めです。

1セット60分でいくら、というのが基本の料金設定で、それから別でドリンク代やシャンパン代がかかってきます。お店のランクによってこの料金設定はかなり幅があります。

女の子たちの給料は、基本的に時給制になります。

しかし、それとは別にドリンクバックという制度があります。これは、接客したお客さんにドリンクやシャンパンをオーダーしてもらうと、そのドリンク料金の何%かが自分の給料に上乗せされるシステムです。

キャバクラで働く子は、時給だけででなくドリンクバックも上乗せされる為、頑張った分給料に跳ね返りやすいというのが特徴です。

余談ですが、キャバ嬢で女社長としても有名な愛沢えみりは、シャンパンを卸してもらっても自分は1滴も飲まないそうです。
フルーツ盛りやたくさんのシャンパンなどでテーブルを華やかにして、自分はのんびりイチゴミルクを飲んで接客。
凄いことするな・・・と思われるかもしれませんが、ここまで出来るようにお客さんを育てたということです。まさにキャバ嬢のカリスマですね。

指名バック等もあるので、指名してもらうためにフリー席でたくさん自分を売り込んで指名に繋げていこうとします。ですので、キャバクラは基本的に自分がどれだけ頑張ったかで給料が左右される、個人売上主義と呼ばれています。

キャバクラは、マンツーマンの接客でどれだけお客さんに楽しんでもらえるか、その上でシャンパンなどで売り上げを積んでいけるかかなり大事になってきます。

都内でのキャバクラ求人は【体験ガールズバイト】から探してみるのがおすすめです。
勤務地や希望条件から絞って検索できるので、他のお店と条件の違いがわかりやすいので、より自分が働きたいお店に出会えるでしょう。

まとめると・・・・

接客方法:基本的にマンツーマン

基本料金:60分1セット+ドリンク代

給与形態:時給+ドリンクバック

クラブとは

キャバクラに対してクラブは、1人のお客さんに対して2~4人の女の子が一緒に接客します。

キャバクラと同様、指名制度やバック制度があるところもありますが、大きな違いとして口座と言われる制度があります。

口座制とは、1度そのお店で女の子を指名すると、そのホステス以外を指名することはできなくなり、さらにその指名ホステスがいない時にお客さんが来店しても、その指名ホステスの売り上げとなります。

お店と女の子全体で、お客様に営業して来店してもらい売り上げていくので、キャバクラの個人売上主義とは違って、みんなで売り上げを作っていく協力型になります。

キャバクラなどでよくある指名替え(お客さんに違うホステスを指名されること)がクラブでは起こらないので、アットホームな雰囲気で働くことができるというメリットがあります。

また、クラブのセット料金は2時間で○万円という2時間1セットのところが多いです。それに加えてシャンパンやワインのボトル代がかかってくるシステムです。

そして働く際の給与形態は、日給制と時給制に分かれます。

一般的に、週5などレギュラー出勤をする方は日給制、アルバイトとして働いている方は時給制をとっているお店が多いです。学生がアルバイトとして働くとなると、ほとんどが時給制での採用となるでしょう。

またキャバクラと違ってドリンクがなく、焼酎やウイスキーなどのボトルをみんなで飲むという感じなので、基本的にドリンクバックはありません。

ですが、お店によって同伴バック等がある場合があります。

またラウンジは、クラブと似たようなシステムですが、クラブに比べてセット料金が少し安価で、クラブほど口座制がきつくなかったりします。
ラウンジのようなクラブのような、みたいなお店が増えているので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

まとめると・・・

接客方法:お客さん1人に対して2〜4人

基本料金:2時間1セット+ボトル代

給与形態:日給制と時給制に分かれる(ドリンクバックは無し)

システム的な違いがわかったところで、改めて私がおすすめしたいのはクラブ・ラウンジで働くことです!

キャバクラは個人主義なので、働いていても売上争いやお客さんの取り合いなど、結構バチバチしてしまうのでおすすめできません。


クラブで働くメリット

水商売と聞いてどんなイメージを抱かれますか?

給料がいい、華々しい、怖い、難しい、人に言えない、恥ずかしい、みっともない、キラキラしている、華やか・・・・人によって抱くイメージは様々でしょう。
悪いイメージが先行して、正直抵抗がある方も多いと思います。

先に言っておきます。それなりのリスクももちろんあります
親バレや友人バレの可能性、お酒を飲まなければいけないですし、夜遅くまで働くので生活リズムも狂いやすく、体力的にも辛いと思います。

もちろんある程度の容姿も評価されますし、お客様から心無いことを言われたりもします。身体的にきついのもありますが、この仕事はどちらかというと精神的に辛いことのほうが多いのではないのかなと思います。

水商売の暗黙のルールやマナーにも、はじめは慣れるのも大変でしょう。

ですがデメリットばかりでもないんだよ、たくさんメリットもあるよ!ということを伝えたいです。

私は4年程水商売をしてきて、振り返ってみると得られたものが大きかったなと感じました。その具体的な内容をお話ししますね。

女子大生がクラブで働くメリット

まずはざっくりと書きます。

・社会勉強になる
・給料が良い
・あまり負担にならず続けられる
・予測されるリスクが他に比べて少ない
・女子力が上がる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社会勉強になる

これは夜のお店で働く一番のメリットではないかなと思います。
クラブはセット料金が数万円するお店がザラです。そのようなお金を若い人がポンと払えるでしょうか?

・・・なかなか難しいと思います。

都心部などでセット料金が数万以上のお店であると、会員制を採用しているお店が多く、来店するお客さんもある程度社会的地位が高い方である場合がほとんどです。

その年齢層は30代~7,80代。一番コアな層は50代以上でしょうか。

私が今まで働いてきたクラブでは、どこかの会長さんや誰でも聞いたことのある一流企業の社長さん、スポーツ選手や芸能人までいらっしゃいました。

考えてみてください、そういった社会的地位が高い方と女子大生が普通に話しできる機会ってなかなかありませんよね。

大学生活を終えた後は社会に出ますが、その前に就職活動があったりマナー講座があったり・・・

実際に社会人の方、特にある程度の社会的地位がある方とフランクに話ができる場というだけで他の学生よりもかなりアドバンテージがあるのです

恥ずかしい話ですが、私は本当にマナーなどには疎くて、クラブで働いているときによくお客さんやママに叱られていました。
後に社会人として働き始めた時に、新規営業先でアポイントがありその会社の中に入る前にコートを脱いで手にかけて待ってたのですが、その会社の部長さんから
「若いのに礼儀がきちんとしているね。」と言われ、そこから商談が弾んで無事契約に至ったことがあります。これはクラブで働いているときにママやお客さんから学ばせてもらったので、そこで働いていた経験が活きた瞬間でしたね。

また、クラブに来店されるお客様は、接待の延長として来られる方も多いです。

時にはお客様同士で仕事の話が始まったりするので、その会話を聞いているだけでもかなり勉強になりました。

働きながら社会人、しかも社会的地位の高い方とお話が学生の内に出来る。これがどれだけ有利で有益なことか。
社会のことや仕事のことや人生のこと。これらはやはり年上の方が経験が豊富です。そんな方たちとお話を聞けることはとてもあなたにとって勉強になることばかりでしょう。
20歳前後のかわいらしい女の子なら、たとえ話の中で分からないことがあったとしても素直に聞けば、お客様は優しく教えてくれますよ。

当時の私は、この自分の立場を利用して、吸収できるだけたくさんのことを学ばせてもらおうと思い、ホステスをしていました。

実際に学生でホステスをしている子は、年上の方にも怖気づくことなくしっかりと話すことが普段から見についているので、就職活動の面接で他の学生と大きく差をつける話し方が出来る子が多いそうです。
人事の方に聞いてみると、実際に同期の子と比べた時に、周りの子よりもしっかりしているという印象を持つことが多いみたいです。

給料が良い

水商売の利点というと何と言ってもお金でしょう。もちろん稼げます。

飲食店のアルバイトをするとおおよそ時給1000円前後。

ホステスだと時給は3000円〜場所によってはびっくりするほどの時給のところもあります。

私は水商売始めたての頃は時給3500円で入店し、徐々にお客様も増えて時給が上がっていき、最終的に8000円まで上がりました。その後は日給制になったのですが、これでも一流と呼ばれる方とは大きく差がありました。

お金は他のアルバイトよりもたくさんもらえますが、個人で大きく差が出る。ここが他のアルバイトとの違いですね。

せっかくの華の大学生、勉強する時間ももちろんですがオシャレや遊びもたくさんしたいと思います。
おしゃれも遊びも勉強もたくさんしたい!けどバイトにそんなに時間が割けない!という方にはもってこいのバイトだと思います。

ただ、あまりにも時給が高すぎるところは売り上げや同伴ノルマも比例してきつい場合が多いです。
高すぎる給料の裏には、必ずなにかその分きついことがあると思っていてください

例えばどんなノルマかと言うと、
・同伴回数(お客様と同伴でお店に連れてくる)
・シャンパン・ワイン本数
・指名本数

など、お店によって様々です。

体験入店という制度を使って1日体験でいろんなお店で働いてから決めてみるのもいいかもしれません。その際に、在籍嬢にノルマや給料の話を聞いてみるのもいいですよ。

あまり負担にならず続けられる

ここでいう負担とは、キャバクラと比べて身体的・精神的どちらの意味も含みます。

キャバクラだと、個人主義なので給料がほしかったらきっちり売り上げないといけない。なのでたくさん営業したりお酒を飲まないといけないです。
自分で営業して自分が売り上げた分だけ返ってきます。

もちろんお客さんとこまめに毎日連絡を取って、同伴できる時にはして・・・お店に着くとたくさんお酒を飲まなきゃいけない・・・正直しんどいですよね。

クラブだとお店のホステスみんなで売り上げるという姿勢なので、ボトルのお酒も他の女の子と一緒に飲んで減らします。
一人一人の負担が少なく、また営業もアルバイトのホステスであればがっつりしなくても大丈夫です。

来てくれたお客さんに楽しいと思ってもらえるような接客をすれば大丈夫です。

女子力が上がる

これは個人的に一番のメリットだと思っています。笑

やはり女性としておもてなしをするお仕事。見た目も重要です。

ドレスやアクセサリー、髪型まで気をつけて華やかにして接客するのは、まるでドラマや映画の中の女の子になった気分になれて、とても楽しかったです✨
普段着れないような服を着て、髪型も華やかにして、きらきらのアクセサリーもつけて・・・・まるで自分が主役になった気分でドレスアップするのは心躍ります。

私はドレス選びで気にしていたものは、とにかく自分が着たいものを着ること!!
すべて自分の好みでドレスを買っていました。

その中でもLipsyというイギリスのブランドのワンピースは、どれも綺麗なシルエットと洗練されたデザインで大人かわいいので、いつもこのブランドで買っていました。

関連記事👉ワンランク上のおしゃれワンピブランド Lipsyが可愛すぎる!


Lipsyはこちらからも買えるみたいなので気になる方は覗いてみてください!

女子大生がクラブで働くデメリット

デメリットはこちらです。

•実家暮らしだとバレるリスクがある
•金銭感覚の狂い
•ある程度下ネタ等をかわさなければいけない
•お酒を飲む仕事である
•帰宅時間が遅くなることもある

バレる可能性がある

水商売をすることに対してまず一番始めに思うことは、親や友人にばれる可能性があることだと思います。

一人暮らしだと、彼氏にだけ気をつけていれば基本はばれることはないでしょう。
ただし、急に羽振りが良くなったり身に着けているものにブランドものが多くなった・・・とかはもちろん周囲に怪しまれますよね。

また実家暮らしだと、あまりにも夜遅くに帰ると疑われてしまうかもしれません。

ある女の子はいつも20時~23時の間だけ出勤していました。

時給は4000円なので1日で12000円の稼ぎ。学生で勉強の時間も確保しながら少ない時間でそれだけ稼げるのは大きなメリットだったようで、卒業まで続けていました。
「親にはなんて言っているの?」というと、「料亭のホールで働いてる」と言っていたそうです。
それなら親もお店に行きにくいし、良い言い訳ですね。

もちろん正直に言える方は言っていいと思います。まったく悪いことしてないですから!
私はこの仕事が原因で彼に浮気されて別れてしまった経験があるので、彼氏がいる人はきちんと言うか、ばれない努力をすることをおすすめします。笑

金銭感覚の狂い

水商売は稼げるのか?わかりやすく働いてみた場合を例に挙げてみました。

時給3000円で週5日、5時間働くとすると
3000×5×20=300000

時給5000円で週3回、4時間働くとすると
5000×4×12=240000

これほどの月収になります。普通の女子大生じゃ考えられない額を稼げます。
これを貯金するか遊びや自分のほしいものに使うかは自由ですが、これに慣れてしまうと社会に出たときに非常に困ることになります。

自分にかけるお金はもちろんですが、学生の間は、自分は学業に精一杯打ち込めるようにホステスをしているのだということを忘れないようにしましょう。

新社会人は週5でフルタイムで働いても20万あるかないか。学生時代にお金の使い方をきちんと自分で節制していればこのような生活でも困ることはないでしょう。

一度上げてしまった生活の質を下げることは難しいのです。

あまりにも金遣いが荒いと周りに怪しまれる可能性もあります。このことを踏まえてきちんとお金の使い方を考えましょう。

実際に私の知り合いで卒業してから就職し、手取り17万円の会社勤めになったのですが、生活レベルが下げられなくお金がないお金がないといってずるずる水商売も続け、最終的に会社を辞めてしまった子もいます。
それくらい金銭感覚の緩みは怖いのです。

セクハラ以上の下ネタを受ける覚悟

会員制のクラブはお客様の質も他に比べて良いです。
ですが、あくまでも女の子とお酒ありきの場所。セクハラを受けないとは断言できません。

お酒が入ると自制がきかなくなるので、いろいろなことを言われたり、触られたりするでしょう。それをある程度のラインまで許し、またかわす能力をつけていく必要があります。

私はお触りが激しいお客様には自分から手を握って、手を封じていました。笑
また、他のお客様などに冗談ぽく「○○さんが触ってくるんですよー!助けてください~!」など言って『おいおい、次やったら俺が怒るぞ!笑』と他の人にダメと言わせて自分や他の女の子を守ったりしています。

断言します。下ネタを嫌う男性はいません!!!だからこそ、その場その場で自分が下ネタを言ったり、下ネタに反応したりして場を盛り上げる必要があるときもあります。ある程度の覚悟は持っていてくださいね。

お酒を飲む仕事である

クラブだと、お客様が入れているボトルのお酒をみんなで飲むのが基本になります。そのボトルのお酒もウイスキーや焼酎がほとんど。

お酒が苦手なのを他の女の子に伝えておくと、席でお酒を作るときに自分の分だけ薄く作ってもらえることもできます。

しかし、水商売は飲む・喋る・聞くが基本。飲まないといけない場面で断ってしまうと場が白けてしまい、お客様もいい顔をしません。

あまりにもお酒がダメな人は喋りで頑張ったり、他の人以上に細やかな気遣いなどでカバーするのがいいでしょう。

また、お酒を飲むと浮腫みやすくなるので、太りやすいです。そのため普段以上に食事や運動に気を使っていかなければいけない可能性もあります。
自己管理能力を求められるのも水商売ならではなのかもしれません。

帰宅時間が遅くなることもある

水商売は夜のお仕事。クラブでもそれは変わらず、営業時間は基本的に20時~25時のところが多いです。

アルバイトだと基本的に決まった時間に上がらせてもらえるでしょうが、たまに残業をお願いされるケースもあるかもしれません。
夜型になってしまうと身体も疲れやすくなるので、帰ってから夜更かしなどはせずきちんとした生活習慣を心がけることも大切です。

働いてみたい方へ:良いお店の見分け方

働いてみる決心はついたけど、どんなお店がいいのかわからない・・・!そんな方におすすめなのが、セット料金で見分ける方法です。

セット料金はお店によってピンキリなので、客層やキャストの雰囲気、店の環境が如実に現れている良い目安なんです。セット料金が高いほど高級店なので、客層もある程度保証されていると思って大丈夫です。

ですが、ここで書いていることはあくまで一般的なことで、厳密に言うと店ごとで少しシステムが違っていたりすることもあります。

確実なのは面接の際に客層や口座制の有無など、きちんと質問してみることです

ある程度お店が絞れたら、面接に行って直接質問してみるのがいいですよ!

いかがでしたか?
クラブでのアルバイトは一見華やかに見えて実は結構きつい部分もあるお仕事です。ですが、その分得られるものもたくさんあると思います。

働くことを考え始めたならば、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

👉キャバクラ・クラブで働いてみたい方必見!水商売のあれこれ初級編

学生という立場はものすごく恵まれています。なぜなら、例え水商売のアルバイトを始めたとしても、『学生』といういつでも戻れるポジションがあるからです。
もし始める方がいるのなら、きちんと学業のため、夢のためということを忘れず、しっかりと前を向きがんばってくださいね。